« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

どらやき

     002_3

昭和6年(1931)満州戦争から日中戦争、太平洋戦争へと拡大していく15年戦争

国内物資が少ない日本は国民の生活が制限され、殆どの品物は配給制度に

なった。(物資は軍隊優先の為)特に砂糖などは無くなり

子供たちのお菓子は店頭から消えた。

当時、小学校高学年の私は、遠足の前日父から「これが手に入ったからもって

いきなさい」と渡されたのが、小さなどらやき。子供だった私は余り嬉しくなく

チョコレートならいいのにな‥‥と思っていました。

甘いものが好物だった父がただ一個手に入れたどらやき、今考えてみますと

まだ若かった父はどんなに食べたかったことでしょう。

75年前の出来事が今でも昨日の様に感じる父の愛情

明日は父の命日です。好きだった和菓子と、感謝の気持ちで、どらやきを

供えさせていただきます。001_2


« 2017年3月 | トップページ