いま幸せに思う事

003  007

3月3日の節句が終わり62年目を飾ったお雛様も、また来年までお休みです。

柔らかな紙で1体ずつ包み箱に納め、押し入れの天袋に収納します

ひな壇は幅90㎝重さ9kもあるので脚立に乗って天袋に納めるのは大変な仕事です

何時も「無茶をしないでね」と言われている息子の言葉を思い出しながら

これが出来た自分にチョピリ笑みがでます。

私と同じ年齢の友人は一人で外出が不可能だったり家にいられない方達が多く

まだ、足腰がすこしばかり良い私はきっと、永年かけて健康の保持を考え、

続けた結果かと思います。

47年の茶道、今も続けて37年になるソシアルダンス、家でマシンでの運動など。

健康は、すぐ結果が出るものではなく永い間かけて作るものと、

今改めてその幸せを感じています。

さあ”これからもう一つの健康法の食事にしましょう。

008  005

   マグロとアボカドのカルパッチョ      豚の角煮と根野菜

     006_2

  にらの菜種あえ、蛤の潮汁、かぶの新漬け





残念!

北国では雪の解けるのが待ち遠しい。

我が家の庭に、いち早く春を告げるのは福寿草。

まだ雪の残っている中に芽を出し土が顔を出すと同時に花を咲かせます

春のはじまりです。

ところが、今年は雪が解けてもあたりはスノードロップとクロッカスだけです。

?‥と思い‥見事に株がありません。50センチはなしてある株も、傍の

木の根元に取り残された一本の福寿草だけが寂しげに咲いていました。

道路を通る人にも早い春を楽しんで頂きたいと石垣の鉄柵から見える用に

植えておいた福寿草。こんな気持ちの通じないのが残念です。

日本固有種で昔から大事に育てていた福寿草。

どうぞ大切に何時までも咲かせてくださいと祈っています。

006 004

     昨年の福寿草




long ago

   TAKASHIMAYAからの宅急便。知人からのお届け物です。心ウキウキ、立派な葡萄でした。

          002_2

 003   004

  newピオーネ                     シャインマスカット

~おじちゃま~おばちゃま~庭の方から近所の子供たちの声、「おじちゃま達はまだお休みだから静かに」お母さんの声。 私はまだお布団の中。やっと雨戸をあけ光を入れる。

生後4.5か月の娘を乳母車に入れ、主人と子供たちはお散歩。(昭和30年)

こんな日の出来事が私の中に懐かしく蘇ってきます。

晴れの日は、青い空に富士山の姿がくっきりと浮かぶ湘南の家。

  遠い遠い昔の想い出です。

当時小学生だったU子ちゃん。今でもこうして気を使ってくださいます。

彼女をもうU子ちゃんとよぶのは‥‥と、思いつつも矢張りU子ちゃん

になってしまいます。いつも本当に有り難う。

おじちゃまと一緒に嬉しくいただきます。











母の日

還暦を迎える娘より、母の日のプレゼントが届きました。

011 

今年はアジサイの鉢で、名はダンスパーテーです。

とてもきれいで、華やかです。

お菓子は、ばらのフィナンシェ(私の好物)

     013_3

今夜は、手巻き寿司と花園風サラダ。ワインとフルーツのサングリアで

     乾杯wine

今年も子供たちに心配を掛けないように頑張りましょう。







塩梅

塩梅(あんばい)という昔からの言葉があります。

江戸時代から、日本酒に梅と塩分を加え煮詰めた調味料は

とても大事に使われていました。

今でも銀座の三河屋では煎酒として売られています。

  004 005_2

私は、抹茶塩や岩塩などを自分で調合し毎日の食卓に利用していましたが

ふと、気が付くと最近は、加工された塩が出回っていました。

いろんな塩があり、今ではこの塩はそれぞれのお料理に重宝し

調理を楽しんでいます。(天ぷらはふきのとう)








七草

 あけましておめでとうございます

  今日は七草です

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

001 

002 

(鰆西京焼き、茶巾きんとん、竹輪とキウリの角松、その他.扇面小皿は、菜の花。)

邪鬼を祓い、一年の無病息災を祈るとされている「七草」の風習は、古来から

年の初め野に出て芽を出し始めた若草を摘み、食したといわれています。

でも一面銀世界のこの地では叶わず、流通の良い現在では店頭が頼りです。

いろんな種類の野菜を組み合わせて摂取することで、今年も一年健康の

保持に努めたいと思います。

お正月は、のんびり過ごしたせいか、長皿の料理達も、のんきな盛り合わせに

なってしまいました。happy01

気を引き締めて、今年も始動しましょう。

私のキッチン

パソコンで作ったホワイトボード、何処に貼りつくのかと家中を探したが

結局ダイニングの冷蔵庫の扉に落ち着きました。

Photo1_007 Photo1_012

9月も今日で終わり。今日は食品収納場所の大掃除です。

予備にと思って買っておく粉類や、缶詰等は使用しない中に

期限が過ぎてしまうことも多いですね。

今日は、私の好きな調味料、スパイス等をご披露いたします。

 Photo1_011 Photo1_009

スパイスは、戸棚から出してみると結構な数になりますね。(70個くらい)

次は調理台下の、大、中、の液体調味料達です。

Photo1_008

4つの箱に分けて、バルサミコ、ワインビネガーなど酢類。

調理用のワイン、ブランデー。常に使うしょうゆ、ミリン。

その他のソース類です。

これらはみんな、料理を作ることが大好きな私の

良きパートナーです。

(冷蔵庫に入っている調味料達、披露できなくてゴメン)












涼風は酢の物で

がんの手術を克服され、お元気になられた友人が家庭菜園で作られた

新鮮なきゅうりとトマトを「今捥いできたのよ」と届けてくれました。

私の脳は、早速キッチンへ‥‥‥

そして暑さの今日は、きゅうりの酢のものを作ってみました。

002_2

021 022

   うざく                    海老ときゅうりの黄身酢

004 003

イカとトマトのおろしきゅうり酢あえ    らっきょうトマトわかめの二杯酢

写真のみで、申し訳ございませんが、どうぞセシリアの部屋で召し上がってください。

   notes ~セシリアの部屋へようこそ~notes













母の日

 今年の母の日は、美しい見事なデンドロピウムが贈られて来ました。

 

 046

デンドロビウムは子供達が小さい頃、幾つかの種類を育てていました。

でもこんなに大きく立派なのは、はじめてです。

今年も、子供達に心配をかけないよう、そして母として

価値のある人生を送りたいと思います。

春の息吹

今年も大量に積まれた庭の雪も、ようやく解けてきました。

まだ雪が残っているのに庭の山草たちは、いち早く

春の息吹を感じて芽を出します。

何という強い生命力でしょう。

006 002

   福寿草 他                   二輪草(ふくべら)

001 004

 行者にんにく、と、ふきのとう           せり、みつば、たんぽぽ、

私は、この生命力のおこぼれを天ぷらにして頂きたいと思います。

007 009

天ぷらには、色彩に海老を一緒に。風味を味わいたいので、岩塩と抹茶塩で。

二輪草は、お浸しにして。いただきま~す。庭からの贈り物です。

 

春を告げる

ピンポーン

受け取った白い箱。あっ カニ‥‥

3月20日解禁になったばかりの、春を告げるオーホーツク海の

毛ガニ漁。 毛ガニが大好きな私にために、早々とおくって

くれたMさん、本当に有り難う。

 005  

大きくて、型のいいカニさん、早く食べてようという顔をしています。

そのまま早速 いただきます~

ひな祭り

灯りをつけましょぼんぼりに‥‥今日はひな祭りです。

我が家でも、娘の幸せを祈りつつ飾るひな壇も

59回目を迎えました。

004_5 003

金の屏風に うつる灯よ

かすかにゆする 春の風

少しお酒を召されしか

赤いお顔の、右大臣

006 002_2

 半月盆

   ゆで卵の お内裏様

   二色はまぐりすし

   春のフルーツサラダ

 炊き合わせ

   (筍、菜の花、かしわの葛だき)

 酢の物

   (鰺、ウド)を、いよかんの器に‥‥

 吸い物

   蛤とかいわれ、へぎゆず

 

 

 

七草

セリ、ナズナ‥‥。昨年七草の歌に、母との思い出を

ブログに書いたと思ったらもう一年が来てしまいました。

        008

今年の七草粥は、セリ、スズナ、スズシロ(葉)のほかは、根菜類を

使って栄養食に。

タンパク質源に、鯛の笹漬け、鯖の昆布ジメ、帆立などのお刺身で。

お漬物も添えて「いただきます!」

今年は更に明るく、楽しく、飛躍できそうな気がします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

手作り

sun 友人が家庭菜園で丹精込めて作られた

野菜を届けてくださいました。

キウリ等は、みずみずしく店頭物では味わう事の

出来ない、いい香りです。

2本は冷やして生食に。後はピクルスにして保存しよう。

        003_3

 庭で採れたグズベリーとカリンズ(すぐり科)

034 001_2

グズベリーはジャムに、カリンズはフルーツソースです。

          002_2

 私の手作りです。容器は熱湯消毒で再生?です。

ラ・フランス、ハスカップ、りんごはジャム

キンカン、カリンズ、ハスカップも、フルーツソース

紫蘇、うめ、おんこ(いちい)はジュース。いちごは、食べました。

        手作りで楽しみながら健康を‥‥








鱧で涼しく

久しぶりに骨切をした鱧が手に入りましたので

夕食は、はもちりと冬瓜の冷やし鉢で涼しさと栄養を。

  011


はもちり                      賀茂なすの田楽

 010 006

氷の上の鱧は二種の梅肉酢で。

       冷やし鉢

 007 009

冬瓜の翡翠煮とゆばと海老で冷たく。       万願寺唐辛子の味噌焼き

008  Dscn1341

吸い物は、今が旬の桜えびと

ズッキーニを冷たい汁に。           デザートは自家製の

                         フルーツソースを載せた

                       かき氷とハウスみかんで







嬉しい日 2

happy01毛ガニが届いた翌日、別のルート?から

カニ缶を頂きました。

そして今日は、北海しまえびが、届きました。

なんてラッキーなんでしょう。

         010011

皆様のお気遣いを大切に、感謝しながら過ごしたいと思います。

満ぱいで、「3年間は籠城しても大丈夫ね」と言われている冷凍庫

どの段を空けようか?と、嬉しい悲鳴です。




嬉しい日

「明日荷が届くから」ー「えっ’中味はなに?」-「足の長いもの」

わあい‥‥昨夜のこんな電話で今日は心待ちで待っていました。

ピンポーン” 早速トロ箱を開けてみました。

わあぅおsmile

 001


私が一番好きなものでした。

浜で茹でて直送するので、冷凍と違いとても甘くて美味しいのです。

まずは、いっぱいを取り出し、カニを捌く私の手は、器用に動き

幸せ感に大満足なんです。

 002 005

間もなくお皿のカニは無残な姿になりました。

カニは大好物なので、食べ方も上手。

味噌は勿論、1本の繊維も残さずきれいに処分?します。restaurant

カニさんもご満足ですよね。

ひとときに

          

004

春早く、雪害で折れたしゃくなげが、哀れで水に挿しておいたら

やがて蕾を付けました。

花瓶に入れ長いもの弦をあしらってみました。

 

今日は法人関係の来客があり、ダンスのレッスンもお休みにしました。

客がお帰りになり、さて?何からはじめようかなsign02

そう!まずは一服。japaneseteaにしよう‥‥風炉に火を入れ

久しぶりに点てた一服のお茶に、心が癒されたひと刻でした。

来客用にと、作っておいた水羊羹をお供に。

005_2 006

007_4 008

秋に頂いた山ブドウでぶどう酒を造っておきました。

今日はその葡萄酒でゼリーを作り、型で抜いてみました。

我ながらきれいな一皿に満足しています。庭のミントも活躍です。

マイガーデン(五月)

五月は気候も不安定で待っていた花達は、一斉に咲きましたが

開花の期間が短く感じました。

 023_2 025_2

 チューリップは、何種類あるかな?

    Photo

京都のお寺でよく見た「はなすおう」今年はきれいに咲きました

 015 019

芽出しが真っ赤に燃えている血汐もみじ、同じく赤いボケの花、

 026 022

太田道灌逸話の、山吹も八重と一重が咲きました。

 021 020

わがガーデン?もこれから、しゃくなげ、藤、牡丹と、続きます。

どうぞ一服にいらして下さい。




























ぶらり旅

riceball~ゆらゆら漂う姿に癒されるクラゲの聖地へ~ (鶴岡市)

刺激を与えると発光。このクラゲの光タンパク質の発見が、下村氏のノーベル科学賞受賞に

つながりました。

  022 026

庄内の大型ミズクラゲを中心に、小型のヒドロクラゲや、長い触手が特徴のアカクラゲ等

ここには常時30~40種のクラゲが展示され、世界一のクラゲ水族館といわれています。

 040 037

赤い瓦屋根の尖塔が印象的な、明治ロマネスク建築(1903年創建)のカトリック教会の

天主堂です。

献堂の記念にと、フランスのデリブランド修道院から贈られた、黒いマリア像も

祀られています。

sunclubriceball  五月の日比谷公園(東京)

東京の五月は、バラの季節ですが、今年は高温が続き公園のバラは盛りも

過ぎようとしていました。

 081 083

 085 082
















五月五日に想う

 今年の五月五日は雨模様。毎年一日だけサンデッキに出して

皐月の大空の空気をいっぱい吸ってもらっていた鯉のぼり達も

屋根が濡れていたので、今年はサンデッキの中に‥‥cloud

半世紀以上になる、この鯉のぼりは、息子が生まれたとき私の親が

孫の健やかな成長を祈って贈ってくれたもの。(o^-^o)

今は亡き両親のその思いに感謝し(あなたの孫は立派になり、いまは

私が親孝行をしてもらっています)と報告しています。

Photo_2  Photo_3

    「 おやつ」

私はよく自分のおやつを作ります。

小さな新じゃがをみつけました。

早速フライドポテトにして、一つは塩コショウ、一つは抹茶塩、

ついでにマッシュも絞りました。

今日の紅茶はフレーバードティのコロポックルにしよう。

隣にあるのはマンゴウです。

春の庭

深かった雪もやっと消え、我が家の庭にも春が来ました。

スノードロップ、福寿草、クロッカス、ルシアナ、など

まずは 第1弾 春の花のお披露目です。

(動画の撮り方が、まだいまいちのようです。)

リビング

初めての動画です。

私の工作

 2 Photo

「貴女は、夜遅くになってからコーヒーや緑茶を飲むから何時までも

夜更かし‥‥になるのですよ」と、息子に言われます。

でもどんなに試してみても私の生活のリズムは変わりません。

先日ベットの上で書き物ができるサイドテーブルを見つけました。

これは便利と買い求め、届いた日早速組み立てました。

(以前、工作が好きな私に電動ドライバーセットを息子からプレゼントされました。)

毎日寝る前に漢字ナンクロを2~3ページ書いて目と頭が疲れてグッスり‥‥

なのですが、この上で書いていたらもう1~2ページ進みそう。

結局就寝時間がまた遅れそうですね。

でも、深夜なのでこの上での食事は絶対にしないと誓っています。

Photo_2 Photo_3

DVDの入れてある棚がいっぱいになり、どうしようと思っていたところ

サイドテーブルと一緒にいい物を見つけました。(ビデオ&文庫本棚)

これもすぐに組み立て。前面にガラス戸を入れるのでちょっと心配しましたが
どうやらガラス戸もピシャリと入り OK

自分で想像していたより上出来です。

大好きな音楽、映画のDVDもこれから又購入の楽しみが増えました。

久しぶりの工作でしたが、出来るものですね。

七草

         003_2


セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ

幼い頃母から教わって意味も判らず唱えていた七草のうた。

今日のようにハウスや貯蔵の術もない昔の冬は、野菜の摂取も困難。

厳寒の中にも野の草は、健気に芽を出します。

この野草の力に目をそそいだ先人の知恵には驚嘆させられます。

母と1日お弁当を持ってピクニックに行き、野草を摘みながらいろんな

草の名前を教えてもらった日々が懐かしく思い出されます。

 

北海道花暦(植物画による日めぐりカレンダー)

   004_2 

昨年クリスマスに頂いたカレンダー

きっと花の好きな私にと、懸命に探して下さったのでしょう。

そのお気持ちがとても嬉しく、毎日「お早う今日も宜しくね」と

日替わりにかわるお花に、ご挨拶をします。


晩秋

気温が低くなって、庭の柿の実もきれいな色が付きました。

002  003

庭の片隅に、何やら赤くて丸い球が‥‥

よく見るとそれはホウズキでした。

毎年皮が赤くなると採ってしまうので、こんな状態を見るのは初めてです。

ついでに柿のお友達と一緒にパチリ。

011  014

我が家の庭も来週は、冬の風物詩の囲いに入ります。









蜂の巣

  Dscn0285_2


毎日真夏日の続くある日、秋風の立たぬうちに布団の

日光消毒をしようと思い、押し入れにある客布団から

二階のサンデッキに干すことにしました。

サンデッキは敷き布団なら五枚干せますので、三枚、四枚と並べ

五枚目を引いた途端 ”えっ” サンデッキの端にハチがブンブン

目をやるとデッキの下にハチの巣が‥‥

驚きと興味で一枚パチリ

巣は殺虫剤をかけ、ハチは屋根からポロポロ落ちていきました。

ハチの巣はまだそのままで、中には蜜はないでしょうね。

ミツバチでないのが残念。

我が家の庭は、まだ花盛り。

Dscn0277_2  Dscn0276_2




母の日

離れている娘は、毎年花の好きな私に形を変えてお花の

プレゼントをしてくれます。(花束鉢物プリザーブドフラワー)など

今年はきれいな胡蝶蘭が届きました。033


本当に有り難う。とても嬉しいです。

今年の冬は雪も多く寒い日も続いたので、春を待ち受けていたように

花達は一斉に咲き乱れました。

黄色い花から~ピンクへと。次々に‥‥(山茱萸、土佐水木、桜、梅、つつじ)など

チューリップは昔からある種をはじめ13種類ほど咲きました。

023 047

036_2 045 

049_3 050

048_3 052


最後の里芋

昨年暮れに、埼玉より特産の里芋をいただき

おせちに、お惣菜にと美味しくいただきました。coldsweats01

そして今日は残りの5個を最後のお料理にします。おいしくお出汁をとって

甘く白煮にし、屑になったのは、のっぺい汁にしました。

007001

主菜は、久しぶりに手に入った皮付きの豚肉の角煮です。

これもお正月栗きんとんを作ったときに残った栗を

一諸に煮込みました。

豆苗の胡麻和えと、カブのユズ風味のお新香を添えて。

   これから我が家の夕餉です。flair

 でも、食後のお茶のお供は何にしようかな?japaneseteacake




«朝です!